基本業務

ホーム » 事業内容・料金案内 » 基本業務 » セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン


セカンドオピニオン、直訳すれば「第二の意見」です。
会計処理や税務手続について担当税理士の見解に疑問や不満がある場合、最善の決断をするために担当税理士以外の専門的な知識を持った第三者に意見を求めることです。セカンドオピニオンとは、現在の担当税理士を変えることではありません。担当税理士とは良好な関係を保ちながら、他の税理士の意見を聞き複数の視点から多角的に分析することにより、最善の決断へと導くための制度です。

セカンドオピニオンを利用するケース

「相談をしても回答をしてくれるのは会計事務所の職員ばかり。有資格の税理士から意見を聞きたいが、なかなか相談しづらい。」
このような場合にセカンドオピニオンの利用をお勧めします。

やはり同世代の方が価値観を共有しやすく、より踏み込んだ相談やアドバイスを受けられるものです。経営を引き継いだ二代目が、世代が近く価値観に共鳴してくれる税理士を求めているが、親の代からの担当税理士がいるような場合。このような場合、セカンドオピニオンを利用すれば、担当税理士を変更することなく相談やアドバイスを受けることができます。

資産管理会社を利用した土地の評価引き下げや、非上場会社の株式の評価など、相続や事業承継に関しては通常の税務とは全く別の専門知識が求められます。特に事業承継に関しては、事前の準備やスキーム次第ではかなりの節税が可能になるケースもあります。このような場合、セカンドオピニオンを利用すれば、担当税理士とは良好な関係を保ちながら別途専門的な相談やアドバイスを受けることができます。

担当税理士の見解に疑問があるからといって、即座に税理士を変更することは現実的ではありません。このような場合にセカンドオピニオンの利用をお勧めします。他の税理士が担当税理士と同じ見解なのであればお客様の疑問も解決しますし、見解に相違があれば、新しい見解を担当税理士に逆提案することもできます。あくまで、担当税理士との良好な関係を保つことが重要です。

セカンドオピニオンの料金

セカンドオピニオンの料金は、相談内容や業務内容によって異なります。
具体的な内容についてはぜひお問い合わせください。

お問い合わせはお気軽に