基本業務

ホーム » 事業内容・料金案内 » 基本業務 » 決算・確定申告

決算・確定申告

決算・確定申告業務

決算や申告を単なる「集計作業」だと思っていませんか?


決算は単なる事後報告ではありません。決算や申告のタイミングであっても利用できる対策はあるのです。
ジャスト会計事務所では、お客様がどのような決算を行いたいか、お客様ごとの目的に沿った親身な決算を実現します。

決算の目的

そもそも、何のために決算を行うのでしょうか。
決算の目的は3つあります。それぞれの目的ごとに重視するべきポイントが異なります。ジャスト会計事務所ではお客様それぞれの目的を尊重し、一緒になってより良い決算を組み上げます。


決算の目的その1:税金計算のため

法人税や所得税といった税金は、決算書の利益をベースに計算します。そのため、税金の額をなるべく減らすという観点からは、決算書の利益は小さければ小さいほど良いということになります。節税のためには戦略的な決算を行う必要があります。
なお、決算直前になっての節税対策では打てる手がかなり限られてしまいます。節税のためには少なくとも決算の3ヵ月前、できれば1年前からじっくり準備をしていくことが必要です。

決算の目的その2:融資のため

金融機関などは融資にあたり決算書の利益を重視します。そのため、円滑に融資を受けるという観点からは、決算書の利益は大きければ大きいほど良いということになります。
しかし、決算書の利益が大きくなるとそれだけ税金の額も増えてしまいます。したがって、どちらを優先するのかについて十分な検討が必要です。
もちろん、金融機関のポイントをおさえた決算というものは存在します。たとえ赤字であっても融資を受けられる可能性はあります。節税と融資とを両立させるのであれば、ポイントをおさえた戦略的な決算を行う必要があります。

決算の目的その3:経営分析のため

決算書の数値をじっくり分析することで、いまの事業状況や経営成績についての有益な気付きを得ることが可能です。むしろ、過去の決算を軽んじ、十分な反省を行わなければ、将来の成長は難しいともいえるでしょう。 その決算がわかりやすければわかりやすいほど、厳密であれば厳密であるほど、反省の材料としての価値が高まります。そして、あとから振り返りやすいような工夫を行うことも重要です。決算書の利用価値を高めるためには、わかりやすく厳密な決算を行う必要があります。


決算直前対策

特に節税にあたっては、決算後にできる対策は限られています。
ジャスト会計事務所では決算前に納税額の予測を行い、決算直前でも利用できる節税対策を検討いたします。

お問い合わせはお気軽に