事業内容 法人のお客様

ホーム » 事業内容・料金案内 » 法人のお客様 » 事業承継対策

事業承継対策

円滑な事業承継のために

お客様の良きビジネスパートナーとして、様々なスキームを比較検討いたします


企業が存続、発展していくには、事業承継は重大なテーマです。
事業承継を成功させるためには、入念な準備や計画が必要不可欠です。

ジャスト会計事務所では、お客様の事業承継を円滑に進めるために、お客様の良きパートナーとして様々なスキームを比較検討いたします。

事業承継のポイント


事業承継には多くの問題点があり、それを一つずつクリアする必要があります。事業承継には時間とコストが必要です。まずは事業承継計画を策定し、じっくり腰を落ち着けて取り組む必要があります。


ポイントその1:経営の問題

事業承継は、親から子に経営を引き継ぐことがゴールではありません。経営を引き継ぎ、事業をスムーズに継続させ拡大させていくことがゴールです。株式の名義さえ変えれば、法律上は確かに経営権を委譲させたことになります。しかしそれは単なる形式だけの話であって、本当の事業承継ではありません。
経営をスムーズに引き継ぐためには、従業員や取引先をはじめ多くの方々の協力が欠かせません。また、経営を引き継ぎ、具体的にどのような方針でどんな経営を行っていくつもりなのか、それを明確に示す必要があります。

ポイントその2:後継者間の問題

最も代表的な例として、「お家騒動」が挙げられます。後継者が複数いる場合、全くトラブルが無いということの方が稀で、通常は何かしらのトラブルが発生します。
そういったトラブルを未然に防ぐためにも、例えば『遺言』や『生前贈与』のような手段で、事前に親族間の紛争を回避する必要があります。

ポイントその3:会社法の問題

すべての株主が事業承継に好意的だとは限りません。事業承継にあたって組織再編スキームを活用する場合、少数株主から思いもよらないようなアクションを起こされる可能性もあります。また、相続によって、会社にとって好ましくない者が株主として参画する可能性もあります。スムーズな経営を確保するために、事前の準備が必要です。

ポイントその4:税金の問題

相続税が発生する場合、相続税を支払うために保有する株式を売却する必要が生じるなど、円滑な事業承継を阻害する問題が発生します。そのため、相続税をはじめとする税額負担がなるべく少なくなるように、時間をかけて対策を講じていく必要があります。


このように、事業承継の関連領域は多岐に及びます。
ジャスト会計事務所では、税理士や司法書士、弁護士などとパートナーシップを結び、お客様の問題点を多角的に分析、解決いたします。

お問い合わせはお気軽に