助成金

ホーム » 助成金 » 職場意識改善助成金(時間外労働上限設定コース)

職場意識改善助成金(時間外労働上限設定コース)

管轄

厚生労働省

概要

労働時間等の設定の改善により、時間外労働の上限設定に取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成してくれます。

期間

平成29年12月15日 締切

補助金額

【成果目標】

事業主が事業実施計画において指定したすべての事業場において、労働基準法第36条第1項の規定によって延長した労働時間数を短縮して、限度基準以下の上限設定を行うこと。

 

【支給額】

☆成果目標を達成した場合に、支給対象となる取組の実施に要した経費の一部を支給してくれます。

 

【対象経費】

謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、備品費、機械装置等購入費、委託費

 

【助成額】

対象経費の合計額×補助率

補助率・・・3/4

上限額・・・50万円

対象者

☆現に「労働基準法第36条第1項の協定で定める労働時間の延長の限度等に関する基準」(厚生労働省告示)に規定する限度時間(限度基準※¹)を超える内容の時間外・休日労働に関する協定(特別条項)を締結している事業場を有する中小企業事業主。

※¹・・・月45時間、年360時間等。

・それらの事業場において、これまでに特別条項を廃止したことがある場合は除く。

・告示に定める適用除外の事業又は業務を行う労働者がいる事業場は除く。

 

〇中小企業事業主の範囲

AまたはBの要件を満たす企業が中小企業になります。

職場環境改善1

お問い合わせはお気軽に