ホーム » メールマガジン » ものづくり補助金 その2

メールマガジン代表者ブログ

ものづくり補助金 その2

こんにちは。
代表の立野です。
今回はものづくり補助金の続きです。

さて、本題の事業の内容です。
ここの内容で採択を判定するとのことです。
実際は規模の方が重要な気がしますが。。。

内容については、3つの軸があります。
必然性、先端性、具体性です。

必然性とは、
会社が取り組む必然性です。
従来の業務内容と関連性が高い方がいいですね。

先端性とは、どれだけ難しいか、
ということです。
この事業に取り組むことにどれだけ社会的意義があるか、
と言い換えても良いです。
難しいことを実現できる会社が増えることは
日本にとって確実にプラスですからね。

先端性については
切り口がこれも3つあります。
素材、可能方法、使用場面です。
難しい素材を、複雑な加工で、
明らかに精度が求められる場面で
使用される製品に加工する、
こういう書き方が良いです。

例えばセラミックを
ミクロン単位の精度で
複雑形状に加工し医療機器部品にします、
これはポイント高そうです。
木をノコギリで切ってベンチにします、
これでは厳しいですね。

最後に具体性ですが、
これは事業内容を
特定の製品の製造に絞りこみ、製品の写真を載せたり
販売先の名前や価格を明らかにしたりすれば良いですね。

ものづくり補助金は先日募集が終了してしまいましたが、
ものづくり補助金における申請書のポイントは、
他の申請書にも共通していると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あなたの事を一番に考えた最良のプランをご提案します。■
ジャスト会計事務所 公認会計士・税理士 立野靖人
〒650-0034 神戸市中央区京町67番地 KANJUビル 6F
TEL:0120-938-865
FAX:078-335-5983
お問い合わせはこちらからどうぞ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 / 11